日々常々悪戦苦闘

本やら模型やらゲームやら

バンダイ 宇宙戦艦ヤマト メカコレクション No.18 三段空母 製作 1

メカコレクションNO.18 三段空母

メカコレクションNO.18 三段空母

バンダイ 宇宙戦艦ヤマト メカコレクション No.18 三段空母 製作開始です。
通算4隻目になります。



いつもの箱。
新品購入なのでピカピカです。
…買ったのは半年以上前ですけども。

ランナーはこちら。
1枚状態だと多分この配置ですね。

早速台座の改造から。
元の穴は塞ぎ、おもりを仕込みます。

表側の穴も同様に。
内側から抑えてあるので、似たような幅のプラ板を落としこんで瞬着パテで隙間埋め。

本体側も同じように穴埋め。
支柱の位置はずらします。

パーツの切り出し完了。

甲板類のヤスリがけ完了。

甲板の中仕切りもヤスリがけ完了。

艦橋のヤスリがけと接着も完了。

台座に支柱の穴を開けました。
2mm棒を使うので、2mmで開通した後、2.2mmで更に開口。

台座は底板を接着。
0.5mmプラ板です。

本体の支柱の穴も開口。
ちょっと前進させてます。
開通させた後、内側にはふたつけてます。

甲板の支柱パーツはちょっと短いのでいつもどおり0.3mmのプラ板を貼り付け。

台座の余分を切り出してヤスリがけ。

支柱を取り付けるとこんな感じ。
2.2mmで穴開けてるけど、きついので、本体側の支柱は若干削ってます。

甲板に支柱を接着。
こんな大変だったっけ?って感じで厚さ増やした部分削ってました。
何度もやってるし、もうちょっと楽だったような記憶もあるんだけども。

毎度毎度同じのもあれなのと、パッケージをよく見ると、上の先端の形状がかなり違うことを発見。
形状変更を試みてみます。

後部甲板の下側に付く羽根を接着。
隙間は瞬着パテで埋めました。

砲台の切り出しと整形も完了。

本体の整形も完了。
先端は前に下るのではなく、手前に下る方向に変更したわけです。

完了したので、サフ準備。

いつもの1000番のサフをエアブラシで。

当然のように隙間が残っていたので瞬着パテで隙間埋めです。


とりあえずここまで、日数で二日、実作業時間で3時間程度というところでしょうか。
これの前に作ってた駄菓子屋が実質1ヶ月もかかったので、さくっと完成できるキットをということで、慣れているこいつを選択したわけです。
メカコレは手軽なので、作ってても楽しいんですよね。
幾つか仕入れようかしら…。