グレンコモデル 1/32 BTR-50 水陸両用兵員輸送車 制作 8

グレンコモデル 1/32 BTR-50

 

 

mako0079.hatenadiary.jp

車体下面の処理の続きです。

マーキングしてから瞬着パテで隙間埋め

合わせ目とか出てきたのでセメントSP黒でマーキングと溶解をさせてから、瞬着パテを作って合わせ目に盛り盛り。すぐに固まるので少量づつしか作業できないのが辛い。

ちゃんとした瞬着パテ変えばいいんでしょうけどね。ベビーパウダー山ほどあるので、こっちを使うほうが経済かなと。あと、粘度を好きに調整できるのも良いです。

瞬着パテを削り終わったところ。

瞬着は硬いので240番から開始して、400番、600番を進めて完了です。

見えなくなるところならいいんですが、壁面とかに地味に整形不良あるのが厄介。ヒケは目立たないならいいんですが、突起物出てきちゃってるのは…。

サフ吹き。

サフ吹き。ぱっと見大丈夫かなと思ったものの、光に当てれば合わせ目多数出てくる始末。…ほんと終わらない。

パテ盛りの準備。

合わせ目削ったり、ピンホールをドリルでさらったり、ピンホールかと思ったら埋めたプラ板崩壊したり。

いくつか1mmプラ棒を刺すために穴開けました。プラ板の間にパテ送り込めないですし。

ポリパテ盛り盛り

1mmプラ棒を瞬着で差し込んだ後に、ポリパテを盛り盛り。なんだかんだと合わせ目が出てきてるので穴開けたところ以外にもポリパテ盛ってます。

ポリパテのヤスリがけ完了

ポリパテの余分をヤスって除去した後、ピンホールとか出てきたので、穴広げてから瞬着パテで埋めてヤスリがけ。水玉模様が増えていく。

サフ吹き。

再びサフ。ピンホールがちょっと出てきたぐらいで概ね完了かと思ったら、フロントのプラ板重ねて埋めたところの初期に処理した部分が悪さしだして一部崩壊…。

フロントに大きくポリパテ盛り。

フロント部分のプラ板付近は悪さしてるところを剥がしたりしてポリパテをちょっと厚めに盛っておきました。

ピンホールはラッカーなんですが、その処理してるときにフロントの埋めた部分が浮いてることに気づいたので、ピンホールはやり直しかなぁとは思ってます。

 

ようやく終わりが見えてきた感じですね。上面もヒケが結構激しいですが、大きなエグレを埋めたりとかではないので、ここまで手間はかからないんじゃないかと思います。

おっさんたちのフィギュアに手間取りそう。流石にこのキットはフィギュア作ります。

運転席は上じゃなくて、中のようなので、窓部分空けて顔を出させないと駄目かなぁとは思っています。閉じたらラクなんですが。

 

 

 

グレンコモデル 1/32 BTR-50 水陸両用兵員輸送車 制作 7

グレンコモデル 1/32 BTR-50

 

 

mako0079.hatenadiary.jp

今日も車体下面の続きです。

ヤスリがけの準備

ラッカーパテが乾いたのでその付近を削っていきます。

削ってみたらプラ板貼ったところを中心にヒケや穴。瞬着パテで埋めるものの、結構な量なのと、プラ板貼り付けの関係でのヒケや穴埋め部分の破損が出てきちゃいました。

ヒケなどにポリパテ盛り。

ポリパテを盛ることに。1時間で乾くので、ラッカーパテよりは早い段階で作業できますね。

600番までのヤスリがけ。

ポリパテの余分を除去したものの、やっぱり穴が残ってたので瞬着パテを盛って、240番でヤスリがけ。

目だけで判断して概ね問題なくなったら、全体を400番でヤスリがけして、さらに600番まで終わらせて、サフ準備です。

サフ吹き。

再びのサフ。

画像でも若干わかるけど、凸凹ですね。実物を直接見るとさらにひどいです。ほんと終わらんなぁ。地獄かな?

 

 

グレンコモデル 1/32 BTR-50 水陸両用兵員輸送車 制作 6

グレンコモデル 1/32 BTR-50

 

 

mako0079.hatenadiary.jp

捨てサフ拭いて、ラッカーパテ盛ったところから再開。

ヤスリがけ準備

ほとんど作業する時間がないので、とりあえず、パテ盛りの削りと、400番での捨てサフの除去ですね。

…やっぱり地獄でした。

削った後に再びパテ盛り

予想はしていたけど、400番で削った後にやっぱりパテ盛り必要でした。

一番厄介なのはプラ板で塞いだ近辺ですね。プラ板が薄くなって浮いてくるのと、気泡でもできたの?っていう感じの丸い凹みというか浮きというかそういうのが多々。

プラ板で塞いだのが失敗だったかなぁ。ポリパテでも気泡問題はありますけどもね。

浮いたプラ板は隙間作ってセメントSP流し込んだので、これで駄目なら剥がしたり穴開けたりして瞬着パテで矯正ですね。じゃないと永遠に終わらない…。

 

 

河合模型 風物詩シリーズ 1/60 そば屋 制作 3

河合模型 風物詩シリーズ 1/60 そば屋

 

 

mako0079.hatenadiary.jp

ポリパテ処理後の続きです。BTR-50のサフ乾燥待ちの間にちょっとだけ。

ヤスリがけの準備。

ヤスリがけしたいパーツたちの準備。

…とは言え、時間もろくに無いので一部だけヤスリがけの処理です。

一部のパーツのヤスリがけ

処理できたのは結局これだけ。

ポリパテだけじゃ埋めきれなくて瞬着パテ追加しました。

小上がりの方は正面のパーツが斜めになっていたのでヤスリがけでなんとかまっすぐに修正。

サフ吹き。

処理が終わったのでサフ吹きです。

小上がりは表側だけサフ。裏吹いても意味は無いので。

一番でかい壁は内側だけをとりあえずサフ。他の壁パーツは表裏ともにサフ。

壁の内側は殆ど見えないので、ピン跡放置しても良いかな?とは思うけども、屋根は壁に乗せるだけにしようかと思っているので、ちゃんと見えるんですよね…。

 

とにかく時間がなくて、さっぱり進みません。今回の更新も5日ぶりですし…。

 

 

グレンコモデル 1/32 BTR-50 水陸両用兵員輸送車 制作 5

グレンコモデル 1/32 BTR-50

 

 

mako0079.hatenadiary.jp

いろいろ作業する暇なくて、久しぶりの作業です。

下面をポリパテで埋めたところから再開。

ポリパテ埋めの後に削った結果

削ったらプラ板がめくれてきたり、穴が空いていたり、ヒケていたりと結構厄介な状態。

何度削り直せば終わるかなぁ…。

サフ前準備

瞬着パテ盛ったり、セメントSPで溶かしたりしたけど、埒が明かないので、一度サフを吹くことに。240番でしか削ってないんですよね、まだ。

サフ吹き。

サフを拭いてみたところ、穴が多々…。この画像でも目立つのはセメントSPでめくれたところを処理した部分ですね。

めくれたところを拡大。

拡大するとかなりエグい。中央付近の気泡もかなりエグい…。

これほんと終わるまでかなりかかりそう。

ラッカーパテ追加。

サフ乾いたので、ラッカーパテを塗布。これで全部埋まるとは思わないけど、とりあえず。

あと最低でも1,2回サフ吹き必要ですねぇ。

乾燥したら240番ではなく400番でヤスリがけですね。

 

予想はしていたけど、下面処理だけで相当かかりそうです…。