日々常々悪戦苦闘

本やら模型やらゲームやら

タミヤ 1/100 ダッソー ミラージュⅢCJ イスラエル空軍 完成

 タミヤ 1/100 ダッソー ミラージュⅢCJ イスラエル空軍 完成です。

f:id:mako0079:20200219123539j:plain

…型式をCJにしているけど、単にタミヤの説明書にイスラエル空軍はCJって書いてあるだけなのですよね。なにが違うのかわかりません(´・ω・`)なお、サイドワインダーを積んでないのは、最後の組立時にヒレとサイドワインダーの選択式であることに気づいたり(´・ω・`)なので、でかいの一発持った、増槽装備の機体となったわけです。…今更ながら、このでかいのって対艦ミサイルなのかね?だとしたらイスラエルには不要アイテムなのでは…とか考えたりするけど、仕様を検索したりはしません。そういうのは次回以降に。まだ数積んでるし。

 

そんなわけで、他の画像は以下に。

f:id:mako0079:20200219123556j:plain

f:id:mako0079:20200219123612j:plain

f:id:mako0079:20200219123627j:plain

f:id:mako0079:20200219123645j:plain

f:id:mako0079:20200219123706j:plain

f:id:mako0079:20200219123716j:plain

 

<改修箇所>

  • 機首のピトー管をプラ棒と金属線に変更
  • コクピット小改修(座席調整、計器盤基部)

<塗装>

  • 基本:シルバー
  • 機首など:ブラック
  • エンジンノズル:焼鉄色
  • インテークなどのマーキング:レッド
  • ミサイル:GXカラー クールホワイト
  • トップコート:つや消し

特記されていないカラーについてはMr.カラーです。

 

製作記は以下の記事で。

 

mako0079.hatenadiary.jp

 

そんなわけで、無事完成です。

最初にも記載したけど、サイドワインダーが選択式だったってのがもうアレな感じで。組み立て直前にサイドワインダーのケツを塗装していないことに気づいて、塗装して乾燥を待っていざと思ったら、いらねぇって事態になったのが、もう(´・ω・`)

キットとしては古いものなので、合わせが厳しいです。

特に主翼と胴体、胴体とインテーク。胴体そのものも結構厳しいです。エンジンノズル内は0.5mmプラ板がはいるぐらいに隙間あいてるし。

あと、面倒なのは座席。ダボついていて止めるところあるのですが、そこにつけると斜める(´・ω・`)なので、ダボ取って、座席の底を削る処理が必要ですね。一応、計器盤基部も追加していたりします。

製作記にも書いていますが、塗装作業時にピトー管が折れたのがきつかったです。すぐに治しましたけどもね。ピトー管用の金属パイプと金属線買わなきゃ駄目かねぇ。コメートを秋水化したいと思ったときに、両翼の機関砲の作るのに必要だしねぇ。

デカールは頑丈でした。これ旧版のキットなので、デカールがかなり古いんですよね。代わりに厚めでもありますが。現行版の方が多分薄いんですが、弱そうなんですよねぇ。Me262&Me163セットのデカールがボロボロになったこと考えると。

キットについてはまぁ、こんなもんで。

しかし、赤いマーキング入れると、ほんとウルトラ警備隊の機体に見えますねぇ。元ネタなんだっけか。

デルタ翼機万歳。

 

というわけで、今回もヤフオクに出品しておきます。

page.auctions.yahoo.co.jp