日々常々悪戦苦闘

本やら模型やらゲームやら

暗黒女子 / 秋吉理香子

 

暗黒女子 (双葉社ジュニア文庫)

暗黒女子 (双葉社ジュニア文庫)

 

レビューという名の感想文です。

 

 

なぜジュニア文庫かというと、たまたま入手したのがジュニア文庫なだけです。

これも一種の叙述トリック何でしょうか。

サークルメンバーによる短編小説5篇のあと、もう一本短編小説と、あるのですが…小説?作文ではなくて?物語ではなく、サークルメンバーの思い出話なので、小説って言われるとなんだかなとは思うのですが、最後のを読むと小説でいいのかな?と思ったりもします。

しかし、最後でひっくり返したなとおもったら、もう一度ひっくり返してくるとは…。やられました。

サークルメンバーの短編小説を読むのは結構きついんですが、最後のための下準備と思えば、なるほどという感じですね。

我慢して最後まで読めれば、スッキリというか、スカッとする感じなんですが、闇が深いので爽やかではないんですよね。

最後で一気に面白くなる話なので、読む方は我慢して読み勧めてほしい。最後で良いと思えるはずなので。