日々常々悪戦苦闘

本やら模型やらゲームやら

SAW

前々からあったんですが、ようやく見る暇が出来たので見てみました。

ソウ [UMD]

ソウ [UMD]

サイコホラーだと思っていたら、実はミステリーだったという代物です。
いきなり、異常な空間に放り出されて、その空間に放り出されていく経緯が徐々に明らかになっていきます。
犯人に同僚を殺された刑事。
一緒の部屋に居る男を殺せと脅されている医師。
その医師を追いかけていて、殺されるかもしれないと思っているパパラッチ。
そして、謎の犯人。
刑事が犯人かなと思わせるシーンもあったりして、誰が犯人かわからなくなっていきます。
最後でこいつが犯人かよっ!と思ったら、そいつもゲームのコマの一つ。
犯人は誰だと思っていたら…そんなところにっ!
まぁ、やられたって感じですね。
カメラワークが面白いです。
過去と現在をうまくダブらせたり、SFXが必要なシーンはうまくカメラの外に追いやったりしてます。
非常に面白かったです。
世で絶賛されるのがわかりますね。
足の切断を隠したかったけど、その部分を布で覆っちゃったのが見えてるシーンが一つありますが、これは苦肉之策なんでしょう。