日々常々悪戦苦闘

本やら模型やらゲームやら

LSの144いっぱい

マイクロエース 1/144 ジェットファイターシリーズ ジャギュアGR-1
 
ドイツレベル 1/144 MiG-25 フォックスバット 03969 プラモデル

ドイツレベル 1/144 MiG-25 フォックスバット 03969 プラモデル

 

 

f:id:mako0079:20190301154038j:plain

 ヤフオクで落札したものがまとめて届きました。

単品だと若干予算オーバーなので、複数落札して送料を分散させ、1機の予算を抑えるという寸法です。

 

全部未開封かと思ったら、F-1とジャギュアはホチキスで閉じ直してありました。そしてジャギュアは後部下面の補助翼が1個無いという…。評価後だったし、この程度は作れるから良いかなと。

 

今回のメインはヴィゲン。クラウンのキットってLSのOEMだったっけかな?と思っていたんですが、パーツの繊細さ?がぜんぜん違ったので、関係ないですね。どっか違うスケールでどっかのOEMだったっけかなを売ってたんでしたっけかね。繊細なのはLSのキットの方です。細かいですよね、このシリーズ。アリイになって金型古くなってバリが増えて、今のマイクロエース版はどうなってるのやら。現行のアリイの1/72彗星12型がバリの海に沈んでたこと考えると…。

 

ちょっと予算オーバーになってしまったのがカナダ空軍のCF-188。F-16XLやF-20みたいなレアキットなんですかね。Amazonでググっても、他のスケールのキネティックのキットしかほぼなかったですが。…まぁ、単なるカナダ空軍のF-18のキットなんでしょうけどね、これ。デカールがある意味貴重なんですかね。

 

三菱F-1は手持ちのアリイ版があるけど、アリイ版のほうが後なのでデカールは豪華、ついでにバリも若干豪華になってます。更に塗装指示もアリイ版のほうがしっかりしています。

 

今回確保したキットでは、CF-188が一番塗装指示がきれいで大きくて、次点でMIG-25と三菱F-1、見づらい塗装図がジャギュア、そしてヴィゲンには塗装図がありません…。組立図は逆にヴィゲンが6コマ、CF-188とジャギュアが3コマ、MIG-25は2コマ、三菱F-1は1コマという。まぁ、どれもこれも特には困りませんけどね。ネットにいくらでも資料転がってますし。

 

1/144もかなり大量になってきました。そろそろ作らないとね。