日々常々悪戦苦闘

本やら模型やらゲームやら

タミヤ 1/100 サーブ J35F ドラケン 制作

ハセガワ 1/48 スウェーデン空軍 J35F/J ドラケン プラモデル PT41

ハセガワ 1/48 スウェーデン空軍 J35F/J ドラケン プラモデル PT41

 

タミヤ 1/100 サーブ J35F ドラケンの製作記です。

現行では商品ラインナップに無いので、完全に旧キットになりますね(タミヤ1/100の廃盤キットは時々再販されてはいるようですけどね)

 

f:id:mako0079:20190202154820j:plain

箱はこんな感じ。裏面に塗装指示あります。

表側はデカールとマーキングの色があっているんですが、塗装指示のほうはマーキングとデカールの色があってなかったりするんですよね。

キャラメル箱なので再利用もできないため、塗装指示だけ切り取って廃棄してしまいました。

f:id:mako0079:20190202155402j:plain

パーツはこんな感じ。少なくてお手軽っぽくて良いですね。

f:id:mako0079:20190202155427j:plain

んが、中に入ってた接着剤が漏れて翼を溶かしているという…。余分を切り取ったものの溶けて凹んでるのが結構ひどかったり。

f:id:mako0079:20190202161308j:plain

パーツの切り出し完了。結構細かいのでパーツの紛失や破損に注意ですね。

f:id:mako0079:20190202165612j:plain

主翼の穴は瞬着パテでとっとと修正。

f:id:mako0079:20190202170110j:plain

機体内部の塗装や先の穴埋めチェックのためにサフ吹き。

f:id:mako0079:20190203161550j:plain

機首におもりを設置。指示はないけどやっておかないと安心できないので。

f:id:mako0079:20190203164123j:plain

機首の重りは瞬着パテで固定。

インテークからコクピット側が見えるので、プラ板で隔壁設置。補強のために瞬着パテで隙間埋めなど。

f:id:mako0079:20190204172623j:plain

再びサフ。これで内部の塗装準備完了。

そのままコクピット内部にエアクラフトグレーを塗装。特に指示は無いので、ハセガワのドラケンを参考に(ホビーサーチで説明書を確認)。

f:id:mako0079:20190204173545j:plain

座席はカーキ色に塗装。こちらも指示無いのでハセガワ準拠で。

f:id:mako0079:20190204174658j:plain

コクピット部をマスキングしてインテーク内部を塗装。影色の黒。

f:id:mako0079:20190204180854j:plain

脚庫内はシルバーの指示があるので、シルバーで塗装。

f:id:mako0079:20190204181344j:plain

マスキングを剥がすとこんな感じ。いい感じかと。

f:id:mako0079:20190205210648j:plain

ようやく胴体の接着。

座席は先に接着。コクピット部も先のエアクラフトグレーのときに塗っているので問題なし。

f:id:mako0079:20190206173531j:plain

コクピットをマスキング。

今回キャノピーは筆塗り。というのもモールドが内側にあるタイプなのです…。なので、内部色は内側、外部色は外側から塗装。ホントはどんなときもこうするのが良いらしいんだけども。

f:id:mako0079:20190206223229j:plain

他のパーツの成形作業完了。

f:id:mako0079:20190206225006j:plain

一気にサフ吹き。

f:id:mako0079:20190207164459j:plain

中央の小さな尾翼にヒケ、脚カバーに押しピン跡があったので修正。ボディも、エンジン部取り付けて、整形完了してサフ準備。

f:id:mako0079:20190207164933j:plain

そしてサフ。

f:id:mako0079:20190207173809j:plain

キャノピーの塗装。モールド無しは大変…。

f:id:mako0079:20190207213150j:plain

ボディは特に問題なかったので、尾翼など迷彩に関わるところを接着。

f:id:mako0079:20190208170145j:plain

塗装開始。

ミサイルは白、機体内部はシルバー、インテーク付近、ノーズコーンなどは黒、エンジンは黒鉄色と塗装。

f:id:mako0079:20190209165629j:plain

マスキング。脚庫蓋のシルバー、インテーク付近をマスキング。ミサイルは未塗装箇所を表に出して持ち手に接続。

f:id:mako0079:20190209174918j:plain

ミサイルは白の続き。ほかは機体下面色のライトグレー(灰色9号)を塗装。

f:id:mako0079:20190215152943j:plain

マスキングを剥がした結果。上々です。

f:id:mako0079:20190215162809j:plain

機体下面のマスキング中に尾翼のピトー管が折れるという自体に…。やりそうだなぁとは思ってはいたんですけどもね…。穴開けて伸ばしランナー挿して対応。

f:id:mako0079:20190215165709j:plain

機体下面のマスキング完了。

f:id:mako0079:20190215171206j:plain

主翼前面のシルバーを塗装。

f:id:mako0079:20190216154249j:plain

シルバー部をマスキングして、迷彩1色目を塗装。指定はロイヤルブルーだけど、手持ちにないので、エヴァカラーからエヴァダークブルー(1)を。ピトー管にマスキングテープつけたくなくて先にこの色を塗装したんですが、塗装しながらこれ行けるんじゃね?と思って実践して次の結果に。

f:id:mako0079:20190216161430j:plain

迷彩2色目。フリーハンドで迷彩塗り分けできましたー(*´ω`*)エアテックスのメテオ付属品じゃ駄目だろうと思ってたんですが、絞って絞ってなんとかできることが判明。キャップに垂れができやすかったり、キャップ外すと水滴が飛んでいくような、ハンドピースなので諦めて居たんですよね。一応、時々できないかなと、他のキットで塗装するときに、テストピースで斑紋迷彩作れないかなと実験してできそうだなとは思ってたんですけどね。

実践してできることが判明したのが超ウレシイのです。これで作業時間も短縮できますしね。マスキングするなら乾燥時間しっかり取らないとならんし、マスキングそのものに時間が掛かるし。

で、2色目も手持ちで良いオリーブドラブがなかったので、これもエヴァカラーからエヴァオリーブドラブを使用。いい感じじゃないですかね。

f:id:mako0079:20190216163440j:plain

青の方を修正して、これで迷彩完成。ハンドピース洗う手間はあるけど、マスキングすr手間に比べたら楽ちんです。

f:id:mako0079:20190216172723j:plain

タイヤの塗り分け。どっちも隠蔽力あるので多少のはみ出し気にしなくて良いのが楽です。

f:id:mako0079:20190217155757j:plain

マスキンをすべて剥がしたところ。ちょっとマスキング漏れがあったのでそのへんは修正。主に裏側ですがね。

f:id:mako0079:20190217161655j:plain

スミ入れ作業。モールドがそんなに入ってないので深いところを主に。

f:id:mako0079:20190218075233j:plain

余分のスミを除去して、スミ入れ完了。

f:id:mako0079:20190218075701j:plain

主脚の制作。タイヤ止めっていうピンみたいなパーツでタイヤを押さえます。

f:id:mako0079:20190220163825j:plain

デカールの貼り付け完了。

機首側から攻めて、主翼を最後に。

なので、機首側で慌ててデカールが割れたりも(´・ω・`)

後半はじっくりデカールを水につけていたおかげで、素直に外れてくれました。デカールは待つのが大変ですね。

f:id:mako0079:20190220170734j:plain

主脚にカバーを接着。機首ピトー管は塗り分け。指定がイエローなので、白塗ってからRLM04イエローを塗装。

f:id:mako0079:20190221132407j:plain

フル装備して組み立てもほぼ完了。

f:id:mako0079:20190221133228j:plain

が、組み立て中に尾翼のピトー管(そういや、これピトー管なのかアンテナなのか)がまたもや破損するという。穴開けてズレたらデカールが粉砕されるので、穴あけずに伸ばしランナーで接着部にうまくつながるような形状作って接着。

f:id:mako0079:20190222075425j:plain

接着時に流れたところも含めて塗装修正。尾翼のアレは迷彩と関係ないところでヨカッタ…。

f:id:mako0079:20190223133446j:plainf:id:mako0079:20190223160530j:plain

トップコート。裏、表と順番に。スプレーだからサクッとできますね。

f:id:mako0079:20190223232534j:plain

キャノピー取り付けてこれでほんとに完成(*´ω`*)

…サクッと作るつもりが地味に時間がかかってしまった。

 

 

完成記事は別記事にて。