日々常々悪戦苦闘

本やら模型やらゲームやら

バンダイ 宇宙戦艦ヤマト メカコレクション No.12 地球防衛軍艦隊 駆逐艦 製作 2

[rakuten:auc-leadonline:10000529:detail]
メカコレ 駆逐艦の進行状況です。



タービン部の隙間埋め完了。

銘板の支えは整形完了して接着。

あれだけだと心許ないので、1mm角棒を押さえに接着。

乾燥を待つ間にサフ準備。
銘板はサフ吹きません。
どうせ黒とシルバー基本だしね。

角棒の余分を削除してヤスリがけして、整えて銘板は完成。
安定しているはず(というのもMIG-17Dに付属してた銘板、ちょいとした振動でくるくる回るのです)

そうだ黒サフを作ろうと、通常のグレー1000のやつに黒を足した結果がこれ。
…白サフに黒たさないとダメだよなー。もしくは1500番の黒のやつか。
これはこれで影色になるからいーかなとw

そんなわけで、塗装開始。
まずは銘板の表にシルバー。
エングレービングの塗装パターンみたいなことをやってみようかと思ってます。
ここにエナメルのブラックを吹いて、乾燥後に拭う感じで。

そしてサフ吹き。
さきほど作ったダークグレーサフで。
思ったよりもかなりいい感じに(*´∀`)
これはこれでありだな。

サフが乾燥して、合わせ目関連は問題なかった(台座の裏面は結構ひどかったけど、普通見るところじゃないってことで、強制進行)ので、オレンジの下地になる白を塗装。
いつものGXクールホワイト。

台座と銘板の裏は黒。
このダークグレーサフだと黒の塗料使用量が少なくて済む感じです。
すぐに黒が発色してくれますな。

白が乾燥したところで、オレンジを塗装。
このあと乾燥を待ってからマスキングして再びダークグレーサフを吹きます。
組み立ててからダークグレーサフを吹こうと思ったら、副砲の設置場所までオレンジ入り込んでた…。
影がオレンジだとおかしいからな、流石に。

銘板はエナメルを吹く準備ってことでクリアーを塗装。
これでつやつやにしておけば大丈夫だろうと。
買ってから始めてクリアを使ったわけだが…かなり揮発してた様で薄めても薄めてもエアブラシから出てこないという事態に(´・ω・`)


ホントはもう完成まで行きたかったんだけど、時間が足りなかった。
もうちょっとで完成なんだけどもねぇ。