日々常々悪戦苦闘

本やら模型やらゲームやら

紫電改/天山

f:id:mako0079:20201019165318j:plain

ヤフオクで落札したアイテムが到着。これで都合3セット目です。

LS版が旧箱(緑成形)と現行?箱(白成形)、マイクロエース版が1つ(白成形)の3セット目です。マイクロエース版だけランナーごとに袋入だったりします。

LSの1/144いくつか積んでますけど、作ったのは流星改と99艦爆のセットだけという…。

この辺は筆塗りでもサクサク作れそうではあるんですよね。同じ1/144のミツワモデルほど簡易キットではないし、だからといってSWEETみたいに筆塗りするとモールドがだめになりそうな繊細なキットでもないしと。ある意味気楽なキットかなと。

店で箱を見てないのでなんとも言えないですが、旧LSのマイクロエース1/72キットの箱が共通箱になったようで(ニチモの船やフジミの今後出てくる船のはこのような)、この辺の1/144系も共通箱になってたりするんですかね。

通販主体だから買うときに箱絵は重要じゃなくても、買ったあとって箱絵は重要じゃないかなぁとは思ったりするんですけどもね。プラモって基本的に積むものだから、箱の横で見分けつかないとめんどくさいんですよね(レベルのキャラメル箱は2面がすべて共通なので、置き方間違えるとなにあるのかわからなくなる)。

ともかく時間と場所を作って組まなきゃ…。

 

 

48マルヨン

f:id:mako0079:20201008163008j:plain

ラクマで購入したレベルハセガワの1/48 F-104Jが到着。おまけで小松の戦競デカールもついていました。指示書は無いですが。素直に説明書のF-104Jで作ることになると思います。戦競デカールはそのうち。

現行付近のジェット機の1/48はこれで2機目ですかね(1機目はF-19だけどもw)

とりあえず、今作っている機体仕上げて、これを作りたいですねー。1/48 F-19も作りたいんですけどね。

 

 

震電改!

f:id:mako0079:20201005213534j:plain

ジェット震電こと震電改をようやく手に入れました!ラクマで見つけて値引き券も手に入れていたので、迷わず購入。

念願の震電改です。ずっと欲しくて欲しくて。でも、予算オーバーってことばかりだったので。値引き合わせれば、以前に確保した震電 東京防衛とあまり変わりません。

 

mako0079.hatenadiary.jp

 あっちは、武装デカールの追加だけど、こっちはエンジン部の変更です。

f:id:mako0079:20201005214516j:plain

スイッチされた変更パーツはエンジン部と外側の細いインテークのみという。これなら頑張れば改造で対応できそうですね。幸いD箱震電いっぱいあるし。

エンジンはジェットエンジン化。インテークは大型化だけです。他の変更は無いです。武装も無いし。

f:id:mako0079:20201005214931j:plain

代わりにデカールは日の丸とコーション除けば3機分ついてます。3機分作るのも良いですねぇ。パーツコピーして作るのはアウトだと思うので、参考にして自力造形しなきゃですがね。

…1/48の震電改もほしいけど、そっちは更に高いのがなぁ…。

 

 

アリアン4

f:id:mako0079:20200909152335j:plain


ヤフオクで落としたエレールの1/288 アリアン4が到着。

…アリアン4って小さいのね。1/288でもロケットだから、そこそこでかいと思ったんだけどなぁ…。

 

ランナー1枚で半分のパーツ、それが2枚と台座の非常に簡単なキットですね。パーツ数13という。

デカールは保護紙がくっついちゃってるから、それをきれいに剥がさないとなぁ…。キット自体は簡易キットだから作るのは簡単そうだけども。

航空機以外のキットを集めていきたいですなぁ

 

 

アラフォー賢者の異世界生活日記 4 / 寿安清

アラフォー賢者の異世界生活日記 4 (MFブックス)
 

 レビューという名の感想文です。

 

 学院の護衛任務の話ですね。そしてこの巻でそれが終わらない。ツヴェイトもピンチに。

バイク作ったり、自動防衛の魔道具作ったり、この世界の「発情期」を目の当たりにしたり、ようやくおっさんと戦闘をした魔道士とそのパーティの名前が出てきたりとか、いろいろ進んできますね。

サムトロールは暗躍するものの、おっさんのスパルタ式育成や、イリスのこの世界から見ればとんでもない実力持ちしか使えない魔法の行使を見せられたり、護衛のコッコ3羽に潜伏させてた盗賊がボコられたりと、かけらも成功しない事態に。

最後の最後に裏組織の刺客が到着しますが、刺客のまっとうな出番は次巻です。

セレスティーナに恋をするディーオのかわいそうな話がこの巻から更にひどくなっていきますね。クレストンさんは殺ろうとしてる模様ですが、セレスティーナに名前すら覚えられてないのがこの巻以降も続いていくという…。

楽しいです。これを書くのに、一部読み返してたら、そのまま全部読みそうになるぐらいに面白いです。